木田正明 監督、伊豫田副団長の思い出

木田正明監督は昭和43年第40回選抜高校野球大会に、大宮工業高等学校の右翼手として甲子園に出場され、あの東尾元西武ライオンズ監督を投手として擁する箕島高校はじめ、なみいる強豪を撃破し優勝を飾られました。埼玉県代表が甲子園にて優勝したのは、春夏を含め、後にも先にもこの1回だけです。その後社会人野球に進まれた後、昭和50年(1975年)から上町ファイターズを監督として率いていただきました。木田監督は平成21年7月16日に急逝されました。

この木田監督の功績を、後世に長く伝えるために、さいたま市野球部会与野のご尽力で、平成22年度から秋季大会を秋季大会兼木田正明記念大会としていただくこととなりました。

また伊豫田副団長は、コーチとして副団長として長く上町ファイターズを支えていただきましたが、木田監督のあとを追うように、平成22年2月12日亡くなられうました。

お二人の思い出の写真を掲載させていただきます。

ファイターズ予定

 

 

ファイターズ結果

Aチーム

3/17 春季大会リーグ戦

 7-6東与野フェニックス

3/18 春季大会リーグ戦

 5-3風の子

3/24 春季大会リーグ戦

 17-6YOUフレンドクラブ

3/31  春季大会リーグ戦

 0-13与野南グリーンズ

5/13中央ライオンズクラブ杯

三位決定戦

 2-9大戸ウイングス

Bチーム

4/1 春季大会リーグ戦

 4-5東与野フェニックス

4/7 春季大会リーグ戦

 9-10 風の子